irodori

アクセスカウンタ

zoom RSS 日帰りおでかけ<三豊・観音寺>

<<   作成日時 : 2018/06/14 01:24  

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

5月某日。久しぶりに愛娘ひめと一緒におでかけ♪

画像

まず三豊市三野町にある吉祥寺へ。

画像

涅槃堂と書かれた扁額が掛かった小さな建物の扉をそっと開いてみると、
天井一面に描かれた白い沙羅双樹の花の下で横たわるお釈迦様と、その周りで嘆き悲しむ弟子や動物たちのなんとも見事な釈迦涅槃像が現れる。
江戸時代末、当時の御住職が多くの護符やお札を集め焼き、その灰を芯をとして周りに土を固めて造られたものだという……。
釈迦入滅を描いた絵画は多くあるけれど、立体的に造られた像となると全国的にも珍しい涅槃像。
とても貴重なものを拝観することができました。

画像

御本尊である薬師如来様がおられる本堂にも手を合わせて健康祈願。
キョッ、キョッ、キョケキョキョ♪
晴れ渡る空の下に響き渡るのは魂迎鳥、ホトトギスの声。
ホトトギスは香川県の県鳥です。


画像

続いて、高瀬川沿いにあるカフェ ルポへ。

画像

本日のパンランチ、ぷりぷり海老のサンド(確かそんな名前だった)

画像

追加で頼んだジャスミンティー。
高瀬川を渡る涼やかな風と、半身に受ける温かい陽射しが心地良いテラス席で、上手に風をつかんだ鴎と鵜が川の上を行き交う光景を眺めながらのんびりランチタイム。

画像

大好物のパンをもらって、ひめも満足?^^

画像

店先の小花と観葉植物がセンス良く並ぶ一角で記念撮影。


画像

次の目的地、不動の滝カントリーパークを目指す途中、路駐している車が並んでいたので私たちも車を降りて見に行ってみると薔薇の咲き誇る素敵なガーデンが……。
御婦人方がベンチに座っていたので挨拶をして庭を見せてもらっていいか尋ねると、「私たちも見せてもらってるんです、奥もありますよ」とのこと。
少しお邪魔しました。

画像

キャスケードブーケのような形に整えられた薔薇の美しさに癒され、

画像

忙しなく飛び回って懸命に蜜を集めるミツバチに逞しさを感じて励まされたような気になり、その小さく愛らしい姿に心和む。

画像

小粒のさくらんぼのような、ザクロのように先がはじけたこの小さな赤い実は何だろう…??

画像

秘密の花園ってこんな感じなのかな

画像

薔薇のアーチは通り抜けるだけでちょっぴり幸福な気分にさせてくれる。

画像

スモークツリーの向こうに聳える山から再び、キョッ、キョッ、キョケキョキョ♪
しばらくして、ホーホケキョ♪
あぁ…言葉が通じるなら、ウグイスに教えてあげたい。あなたの卵、一個ホトトギスの混じってますよ、托卵されてますよと。

画像

好きな花の一つ、カシワバアジサイにも出会えて嬉しい。

画像

とても素敵な寄り道になったね。


画像

不動の滝カントリーパーク到着後、自由にしてあげたら張り切って案内してくれる先達さん。

画像

初夏の強い日差しも木々の葉が遮ってくれるからとても涼しく心地いい。

画像

3分ほど歩いて不動の滝に到着。

画像

間近で見上げた不動の滝。

画像

滝壺の傍らで静かに佇む、お不動さん。

画像

滝の音に尻込みしたのか滝壺へと続く階段を途中で引き換えし、パパの「ひめ、おいで」を無視して私の元へ逃げるように駆けより、案内を放棄して記念撮影に臨む先達さん。


次に目指したのは高屋神社。これが予想以上に大変な道のりで……、
対向車に出くわさないことを祈りながら九十九折りの道を走り、やっと駐車場まで来たら今度は傾斜何度?という急勾配を歩かなければならず……、
神様の元へ行くのは大変なのだなぁと身を以て知る山道。

画像

坂道の途中で見えた、仁尾方面の眺望。

画像

やっとの思いで辿り着いた高屋神社。まずは参拝。

画像

振り返れば息を呑む絶景!!
神様って、こんな風に空の高みから人々の暮らしを見守っていてくれるのかな……

画像

高い、たか〜い!
この小さく愛おしい私たちの娘が、これからも健やかでありますように……。

画像

続いて観音寺市きっての観光名所、寛永通宝の銭形砂絵を展望台から。

画像

寛永通宝を見た後は、寛永通宝を食す。
(道の駅ことひきで販売中)
香川県産の和三盆を使用したアイス最中はホッと一息つかせてくれる優しい甘さ。
「今日はいっぱい歩いてるからねぇ〜」
パパからアイス最中をもらっていたひめ、良かったね^^


画像

寛永通宝の奥に広がる有明浜を一人ダッシュして遊んだ後、うろうろするひめ。
この辺りの海は遠浅なので、タイミングが良いと所々に砂州が現れて見た目も美しく、また遊んで楽しいのだけど……。
満ちたのか引いたのか、高屋神社から見えていた砂州がすっかり消滅…。

画像

有明浜から眺めた七宝山。その頂きに肉眼でかろうじて見える高屋神社の鳥居。



画像

再び三豊市に車を走らせ、仁尾町にあるKAKIGORI CAFE ひむろ へ。
期間限定、仁尾レモンのかき氷は、ほんのりレモンの風味と控えめな甘さの自家製練乳が絶妙にマッチした爽やかな美味しさ。

画像

パパが頼んだ生いちごのかき氷。
の奥で、なんだかひめが若干パパを睨みつけているような…(^_^;)
※ペット同伴可のお店というわけではないのですが、お店の方に許可を頂いてひめも入店させてもらっています。

画像

完全にその気配を消し、他のお客さんはチワワが混じってることに気づいてないくらい大人しくいい子にしてくれていたので、ひめにもちょっとだけ♪
スプーンは持参です。

画像

ひむろの横にある父母海岸は、日本のウユニ塩湖と呼ばれる話題のスポット。
去年、立ち寄った時もなかなかの人出だったけど、今回はまた一段と人が増えて外国人観光客がいたり、関西から観光バスが来ていたりとますます人気が高まっている模様。

画像

防波堤にこんなものもあり。

画像

周りの雰囲気に呑まれて、とりあえず撮ってみる。
なんだか植田正治美術館を思い出す……。ちなみに傘は狙ってもってきたのではなく単純に日焼け対策。
おざなりな撮影になってしまったけど、

画像

真剣に撮るとこうなるらしい。

画像

終始バッグインだったひめのなんとも切なそうな眼差しが胸に突き刺さる……。
人が多かったのでごめんねぇ。

近場で日帰りではあるけれど県内でもまだまだ魅力的な場所があるという再発見もあり、予想以上に充実した一日になりました。
一泊旅行をやめて日帰りにしたから、もう一回くらいどこか遊びに行けるといいな……。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日帰りおでかけ<三豊・観音寺> irodori/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる