irodori

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京観光〜浅草寺・夜のスカイツリー&劇団四季+最後はやっぱりハプニングあり〜

<<   作成日時 : 2017/01/04 22:13   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

これまた今更になりましたが、2016年10月末に行った一泊二日の東京旅行を一つの記事で書いてしまおうと思います。

画像

パパ(埼玉でゴルフ中)がいない方が心なしかよく晴れる……。
というわけで、一日遅れて東京入りした私はまずホテルに荷物を預けて、一人で浅草寺周辺を観光しました。

画像

おぉ〜これが雷門!
東京で最も興味があるのが浅草寺にも関わらず、以前上野→スカイツリーと移動してなぜかここを素通りしたという……
とうわけで、念願の浅草寺です。

画像

仲見世で犬猫のお店を見つけたので、ひめに服を買ってあげました。
最近、「おみやげ」という言葉を覚えたひめさん。
お土産がないと分かると、縫いぐるみに噛付いて振り回してキレるのです。笑

浅草寺の参拝も済ませ、外国人観光客に混じってド定番の浅草土産を買い漁り、花やしきなんぞも外から眺めてみて、くったくたになった私は一度ホテルへ戻ることに……。

画像

紫月が大好きアパホテルです。好きな理由は大浴場があるから。

室内に入ると「狭っ!!!!」と声を上げずにいられない部屋のカーテンを開けると、今度は「すごーい!」と感激していまう眺望。
後でパパに聞いたところ、いくらか料金をプラスすることで眺望ありの部屋を選んだのだそう。
ベットに寝転ぶと、写真左下のようにみえるのです。
もうおのぼりさん嬉しくって服のままどーんと寝転んで、窓の外のスカイツリーを眺めながら夜になるまで体を休めました。

画像

スカイツリーが輝き始めた頃、パパがようやく浅草に到着。

画像

まず、東京スカイツリータウン・ソラマチ31階にある、鉄板焼「摩天楼」で夜ご飯にしました。
鉄板焼きなのにテーブル席なのは少し期待外れだったけれど、窓の向こうに広がる夜景の美しさは素晴らしい!!

画像

そして、料理が美味しすぎでした。たっぷりの雲丹を山葵と一緒に海苔にくるんでパクリ。最高でした。幸せに微笑みが止まらない。
しかし、この絶品料理を私は半分も食べれませんでした……。

3品ほど食べた頃、地震が起こったのです。
これが引き金になって、もともと病み上がりの体に鞭打って東京まで来ていた私は体調が急変。
店内いっぱいのお客さんの会話が騒音となって頭の中に直接わんわんと響き、皮肉にもレストラン選びの決定打になった夜景は目をチカチカさせて体調悪化を助長する……。
大好きなフォアグラもメインのステーキも一口も食べれず、鉄板焼きの〆の定番ガーリックライスに吐き気をもよおす……。
せっかくの食事が台無しでした。

さらに驚くべきは、急に信じられないほど悪化した体調が、今度は信じられないほど急激に回復。
この機を逃してなるものかとスカイツリーへ。


画像

スカイツリーに来るのは二度目。前回は昼間でした。
今回、夜のスカイツリーを絶対見ておきたいと思ったのは、一昨年の東京観光で夜の東京タワーに登って大変感動したから。
そして、スカイツリーより東京タワーの方がいい!と声高に主張する人が周りにいるので、この際自分の目で確かめたいという気持ちもあって。

画像

第一展望台といえばいいのか……、まずは「天望デッキ」へ。
ちょうど天空歌舞伎なるものが上映されていて、激しい音楽に合わせて窓ガラスに歌舞伎の映像が次々と映し出されていました。
指で触れると昼と夜が切り替わる、周辺地図のタッチパネルも面白かった♪

探してしまうのは、東京タワーの中でも行ったあの場所……。

画像

おのぼりさん、ここでもまた記念撮影をせずにはいらせませんでした。
フォトフレームの形が可愛いので、うちに飾ってます。

画像

天望デッキより上の「天望回廊」へも行ってみました。
淡いパープルにライトアップされている通路が近未来的でわくわくしてしまう。この辺りはなぜか緩やかな坂になっていました。

画像

ホテルに戻って、スカイツリーを一人静かに眺めました。(パパ爆睡)
よーく見てるうちに、二本の光のラインの上側が斜めになっていることに気づく……。さっき歩いた緩やかな坂の部分です。

夜のスカイツリーって、地方に住む私にとって地味なイメージがあったけど、(TVで見ると良くも悪くも夜景に溶け込んでる。)生で見る夜のスカイツリーは、想像以上の美しさでした。
無数の光の粒がタワーの下から上に昇っていく様は、星を宿した木を、宇宙を連想させる……。
あぁ、スカイツリー!!
この日初めて私はスカイツリーのなんたるかを知ったのです。(大袈裟)

【結論】 東京タワーは間近で、スカイツリーは離れて全体を見るのが最も美しい。
※できれば、アパ浅草蔵前から見るのが好ましい。
近くにホテルは沢山あるのだと思いますが……、やっぱりアパがいいです、安いから。笑



〜東京観光2日目〜

画像

翌朝、浅草寺の近くにあった浅草カフェで朝食。
チーズ好きな私はクロックムッシュが大好物なのです。今まで食べた中で一番の美味しさでした♪

画像

人生初、人力車に乗ってあらためて浅草を観光しました。
私は声を大にして言いたい……、

人力車、最高!!
風を浴びながら街を巡るのが想像以上に心地いい。わくわくするような細道から、大通りまで。大型バスと並んで車道を走るのは爽快でした。
車夫さんとのコミュニケーションも楽しかったです♪

あぁ…、私はなぜ今まで人力車に乗らなかったのか、京都旅行へ行ったとき何してたんだとさえ思う……。

画像

スカイツリーを手に乗せてみる♪
思い出に残る写真をたくさん撮って頂きました。
最初に時間的にはそんなに急いでないと伝えたところ「ちょっと遠回りさせてもらいますね」と言って下さり、実際えらい長いなーと思ってたら、結局30分の料金で55分も走ってくれました。
恐縮してしまうサービス精神……。

たっぷりと人力車観光を楽しんだ後、急いで大井町へ移動!

画像

四季劇場・夏で、「リトルマーメイド」を鑑賞してきました。

きっかけは、この作品の舞台裏に密着したドキュメンタリー番組を見たことです。
劇団初のワイヤーアクション、吊るされた状態で海中を泳ぐように動きながら歌うことがいかに難しいかということ、アリエル役の女性が一心不乱に練習する姿に胸を打たれました。

舞台の上(空中)、蒼い光の中に浮かび上がるアリエルのシルエット。映像作品と見紛うような演出に会場がどよめいて始まったリトルマーメイド。
歩いて〜、走って〜、日の光あびながら〜♪
なんて美しい声なのだろう……、まさに人魚の歌声!!
透明度の高い声が劇場内の隅々にまで響き渡って、観客を魅了しているのが空気で伝わってきました。

ただ、アリエルは文句なしでしたが……、
脚本や音楽も含めて総合的に考えると、私もパパも首を捻ってしまうのが正直なところです。
今まで鳥肌が立つような舞台をいろいろ見て来たからかもしれない……。
ともあれ、実際に見ることで一つの経験にはなりました。

画像

羽田空港内の江戸小路も、以前から来たかった場所です。
空港は何度も利用してるのに、なぜ一度も見かけないんだろう…?なぜ?と思っていたら、国際線ターミナルにあったというオチ……。
私がここ利用することはないだろうなー、意外と外人いないなーなんて思いながらトイレに行くと最後にハプニングに巻き込まれました。

トイレに入るや否や、金髪の欧米人(ここにいた。笑)が英語で訴えてくる。
何をいってるのか、生憎さっぱり分からんが、彼女は必死に訴えてくるのです。
Oh、コノヒト、英語デキナイネ……、理解した女性が、こっちよ!と私を呼ぶので着いて行くと……

個室の中に、シルバーのスーツケース(小)がぽつんと置かれてる。
忘れ物としてはありえないものを忘れているわけで……、
荒っぽく使い古したような、傷だらけの薄汚れた表面が不気味。女性が現在進行形で使用しているものにはとても思えない。

OK、彼女が言いたいことは理解した。だけど、英語で何て言えばいいのか分からないー!!汗
無言で困惑していると、彼女は諦めて去っていったのです……。
ごめんなさい、とりあえず、なにより先に、私はトイレに行きたい!!

ということで落ち着いた後、私が警察官に伝えなければ!という突然わいてきた使命感にかられて、女子トイレを出発!
日系人の女性にすれ違ったけど、彼女は「ぎゃー!こんな所に不審物よ!」と騒ぎ立てるタイプには見えないので、まぁ大丈夫だろう……。
次に最初の角を曲がった所で、若い男性にぶつかりそうになる。
どうしてこんな場所に突っ立ってんの、危ないなぁ。この人、どこか不自然だな……と思いながらも交番を目指す私……。

すると向こうから、金髪女性が警察官を連れて戻ってきているのです!
ほっ……これで私はお役御免だな、と思ったら、警察官も英語が分からず、まったく事情を呑み込めていないことが判明。
結局、私が彼に説明することに……。

そしてようやく警察官に状況を把握してもらうことができた!!とほぼ同時に……、
先ほどの日系人がゴロゴロとスーツケースを曳いて登場。

あんたのかい!!!笑
で、さっきぶつかりそうになった若い男性、彼氏かい!そこで彼女を待ってたんかい!笑

脱力……。
三人の緊張した顔に安堵が広がると、互いに顔を見合わせて思わず笑ってしまいました。
忘れ物した当人らも状況を察して照れ笑い。
あぁ……、日本って平和だなぁー。

日本にいながら海外旅行先のような気分を味わった私は、この話を早く話したくて笑いをこらえながらパパの元へと急いだのでした。

おしまい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京観光〜浅草寺・夜のスカイツリー&劇団四季+最後はやっぱりハプニングあり〜 irodori/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる